5,000円以上購入で送料無料!

1/1
煎茶 都の巽 96g
煎茶 都の巽 96g
煎茶 都の巽 96g
煎茶 都の巽 96g
煎茶 都の巽 96g
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 煎茶 都の巽 96g
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 煎茶 都の巽 96g
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 煎茶 都の巽 96g
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 煎茶 都の巽 96g
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 煎茶 都の巽 96g

煎茶 都の巽 96g

価格
1,188 税込
価格
1,188 税込
価格
税込
売り切れ
単価
あたり 税込
掛け紙(のし)の設定を変更する

掛け紙(のし)を設定する

掛け紙(のし)のかけ方 内のしの場合は必ず包装あり(有料・55円税込)をお選びください

名入れ

名入れ文字に旧字体を使用されると正しく印字されません(例:𠮷)、
お手数ですが、常用漢字でご入力ください

この内容で設定する
Amazonアカウントでお支払いができます

価格
1,188 税込
価格
1,188 税込
価格
税込
売り切れ
単価
あたり 税込
amazon pay 支払いもできる
  • 商品紹介
  • 仕 様

平安時代の和歌より命名された「都の巽」

百人一首の歌としてもおなじみの和歌
「わが庵は都の巽(たつみ)しかぞすむ 世を宇治山と人はいふなり」。
平安時代の僧、喜撰法師の詠んだ歌です。

巽とは東南の方角を意味しており、都(京都)からみて宇治が東南にあることを指しています。
「都の巽」の茶銘もこの歌にちなんで名付けられています。

力強いコクが特徴で、しっかりとした煎茶を味わいたいときにおすすめです。
※96gで約12回分の容量です(2人分で8gのご使用をおすすめしています)

煎茶とは

煎茶は さわやかな香りとうまみ、渋みが調和した味わいが特徴です。
収穫まで存分に日光を浴びせ育てる茶園を「露天園」といいますが、
玉露のように覆いをせずに日光を当てることで、渋み成分である「カテキン」の割合が多くなり甘み成分である「テアニン」の割合を低くなります。
露天園で育てられた茶葉は鮮やかな緑色で、玉露に比べ黄色味がかった水色(お茶の色)に。
渋みというと敬遠される方が多いのですが、煎茶の渋みはとても上品で、さわやかな香りとうまみが一体感を生み出します。

煎茶はさわやかな渋みを引き出すために、少し高めの温度がおすすめです。
沸騰している100℃に近い温度で淹れられますと、渋みが強調されてしまいますので少し湯ざましした70℃~80℃が調和のとれた味わいを楽しんでいただけます。

甘いものに合わせていただくと、後味もすっきりとし格別。
眠気覚ましにはもう少し高温で淹れていただくことでキリッとした渋みを出すこともできます。

 

煎茶の美味しい淹れ方

【其の一】一度沸騰したお湯200㎖を二つの湯呑みに分けて注ぎ、湯冷ましします。大さじ約2杯の茶葉(8gで2人分)を急須に入れます。
【其の二】湯飲みのお湯が約75℃になった頃に急須へ移します。
【其の三】約1分半待ち、抽出後濃淡のないように、まんべんなく少しづつ最後の一滴まで残さず注ぎ分けます。
※つぎ始めは薄く、後になるほど濃くなるので、お茶の濃さが平均するように「廻し注ぎ」します。

商品サイズ H73mm × W73mm × D73mm
賞味期限 到着時残60日保証
内容量 96g

1 レビュー レビューを書く
ページの先頭に戻る